看護師になろうと思ったきっかけ。

スポンサードリンク

技術を身につけていたら、人生を困らないで生きていくことができると考えました。
看護師なら一生働く事が出来ると思ったのです。
それに看護学校はお金がかからなかったので、親に迷惑をかけることもないと考えたのです。

 

確かに一生働く事は出来たし、収入があるので生活するのには困らないで生きてくる事が出来ました。
その点思い通りになったのです。

 

当然ですが、現在と若い時とでは年齢が異なるのですから考え方も違っています。
若い時には、一生働く事が出来る事をプラスの良い面にだけとらえていたのです。

 

確かにそれも一理はあります。
しかし、一生働かなければ食べていくことができないと言うふうにも考えられます。

 

結果的には私は其れに当たります。
仕事をしなければ生活してこれなかったでしょう。

 

しかし、一生を人の役に立ちながら生活してくる事が出来たのは、有難い環境にいたと思います。
他人の役に立つこと自体を、生活の一部にできたのです。

 

ボランテイアをしようと決めて、日々の生活とは異なる別の行動を起こす必要がないのです。
看護師になったきっかけは、自分本意なものだったけれど、結果としては良い選択を出来たと思います。

 

看護師として生きて来る事が出来た事を感謝したいです。

スポンサードリンク